No.4 熊本城畳を納品しました。

MTヘッダー


No.4 熊本城畳を納品しました。

先日フスマの紹介をした、東バイパス沿いにあるH様に畳をご注文いただきました。
 熊本城本丸御殿 昭君の間に敷き込んである畳と同等の畳表を使用しています。
 畳床は、ペットを飼っておられるため臭いを吸収する竹炭入りの畳床です。この畳床は、ダニが出にくい素材を使用しています。 畳縁は、高田織物の純金縁を使用しています。
 屋久杉の柱や天井・巨匠によって描かれたふすま絵に負けない存在感のある畳になっています。
この記事は、お客さまの許可の下掲載しています。


toyoudo-tatami 1.jpg

十畳床の間と六畳の続き間です。


toyoudo-tatami 6.jpg

天井も高いので圧迫感のないお部屋です。

toyoudo-tatami 7.jpg

純金縁の輝が眩しいくらいです。

toyoudo-tatami 5.jpg

H様所有の屋久杉をふんだんに使用されています。


toyoudo-tatami 8.jpg

熊本県産のひのみどりを使用した畳表は全国の有名な神社や国宝級の建築物にも使用されています。

日時:2012/12/05