No.12. 聚楽壁の塗り替え・クロスの張替で新築のようです。

MTヘッダー


No.12. 聚楽壁の塗り替え・クロスの張替で新築のようです。

今日ご紹介のお客様は、熊本市龍田町陣内にお住まいの佐土原様です。
佐土原様は、これまでご両親がお住まいになっていた家をリフォームしてご入居されます。
築年数は、25年くらいで畳・フスマ・クロスそれから和室の聚楽壁が傷んでいました。
家全体のリフォームは価格的にも高額になるので必要な部分だけを綺麗にされています。
一度リフォームすればまた、15〜20年くらいは大丈夫です。
黒ずんでいたお部屋が、明るく綺麗になりました。


この記事は、お客様の許可を得て掲載しています。
8sadowara 8.jpg
リフォーム後の和室。畳・襖・障子・聚楽壁

8sadowara 1.jpg
リフォーム前は、畳もすり切れて障子は茶色く焼けていました。

8sadowara 3.jpg
天井のクロスも黒ずんでいました。

8sadowara 6.jpg
リビングの天井と壁のクロスをリフォームしてご覧の通り
とても明るくなっています。

8sadowara 5.jpg
床の間の聚楽壁も綺麗になりました。
以前の壁の汚れなどが表面に出ないように、アク止め加工をしています。


日時:2012/12/20